環境と社会貢献

環境にやさしく、人にやさしく

バオバブの樹木と赤土の山を望む風景バオバブの木を守ること

アフリカでも、近代化の波をうけて宅地開発が進むことによって、バオバブの木が伐り倒されており、社会問題になっていますが、現地の人々がバオバブの実を収穫し販売することが出来れば、伐採は減っていくと考えています。
Baobab Earthは、私達の化粧品が、アフリカの人々の収入源を確保し、バオバブ木の伐採を減らし、環境を傷つけずに大切にすることへとつながれば、と願っています。


アフリカの子供:女の子山を望む草原の子供頭に物を載せて炎天の道を行く女の子男の子アップ頭に物を載せた笑顔の男の子

無添加・無香料・無着色

Baobab Earthの化粧品は、無添加・無香料・無着色。
防腐剤などは一切使用せず、余分な成分をできるだけ排除しているので、敏感肌の方やお子様にも安心してお使いいただけます。
美しい肌のためにも、植物由来の天然成分にこだわっていきたいと考えています。

環境にやさしいパッケージ

Baobab Earthでは、環境に配慮したパッケージ(バガスパルプ)を採用しております。

バガスとはサトウキビの搾りカスのことであり、世界で年間約12億トン生産されるサトウキビから約1億トンのバガスが発生します。このバガスは、紙の原料のほか、家畜の飼料などに加工されて一部利用されていますが、廃棄(産業廃棄物)されているものも少なくありません。この、本来廃棄されるバガスを使用し、紙の原料化をしたものが『バガスパルプ』です。
『バガスパルプ』は、バイオマスマークの認定を受けています。

*バイオマスマークとは:バイオマスとは生物由来資源のことです。
バイオマスを有効利用し、品質・安全性も良好であることが認定された環境配慮製品の目印としてバイオマスマークがあります。バイオマスマーク社団法人日本有機資源協会(JORA)が認定しており、JORAは農林水産省と環境省が所管する公益法人です。

バガスの環境利点
  1. バガスは砂糖生産における副産物であり、余剰分が廃棄物として処理されています。
      → 未利用資源の活用、廃棄物リサイクル
  2. バガスを紙の原料として利用することにより、木材の使用量を減らすことができます。
      → 木材パルプの代替原料=森林資源の保護
  3. 弊社使用のバガスパルプは漂白工程において、塩素を使用しておりません。
      → 有機塩素化合物を排出しません。
  4. 弊社で使用しているバガスパルプの生産工場では、原材料であるバガスが隣接する砂糖工場からベルトコンベアーで運ばれるため、木材原料のように、伐採、採集、集荷、運搬などにかかるエネルギーが不要です。
      → 省エネルギー、温暖化防止、CO2削減

発展途上国(アフリカ)への社会貢献

バオバブの実を喜ぶ男性 私たちの化粧品の素材(バオバブオイル)は自然の恵みですが、それを使う日本だけに利益があれば良いというわけではなく、バオバブ原産国の方々の生活がより豊かになってほしいと願っております。
現金収入の少ない地域に住む人にとって、バオバブを育て、毎年なる実などを売る、また、それらを加工し収入を得ることは生活していく上で重要です。仕事がない貧困な村では、今後、このようなビジネスモデルがさらに発展することが期待されます。

Baobab Earthは、自然の恵みに感謝し、アフリカの人々に感謝しながら、皆さまに、美しく、健やかな生活を贈り届けてまいります。
バオバブの枝振りバオバブの周辺に集まる人々


ページのTOPへ